asakawa

頭痛に悩む方必見!自律神経を整え、睡眠を深くさせる「リボーンセラピー」開発にかける想いとは?( 浅川美樹 氏 )

オリジナルヘッドセラピー「リボーンセラピー」を開発し、癒しを提供されている浅川美樹さん。女性に癒しを与えることをテーマに活動をされている経緯や、想いをお聞きしました。

 

浅川さんの仕事について教えてください。

現在は、ヘッドセラピーを通して、頭痛や眼精疲労、耳鳴りなどお悩みをお持ちの方の症状の緩和をさせる仕事をしています。

 

その仕事をはじめるキッカケをぜひ教えてください!

自分がアレルギーで入院した事があり、その時に健康について考えたのがきっかけでした。入院中やることがないので、セルフマッサージをしたら体が軽くなり、この事がこの道に入る理由です。そこからセラピストとして活動をスタートしました。

ただ、様々な場所で施術をする機会があるのですが、ある悩みがありました。施術後は一時的に、体が楽になるのですが、患者さんからは少し間をおくとすぐに疲れが出てきてしまうということをよく聞きました。この経験から、「いくら体を軽くしても、心や思考がそのままでは変わらない」と気がつき、指圧と五感を働かせながら、感情や思考を調和させる方法を模索していきました。

そこから様々な方法を勉強していきました。色々な施術からいいところを抜き取り、ヘッドストレッチを含め、自律神経を整えさせる呼吸法や睡眠を深くさせていく「リボーンセラピー」を開発しました。このセラピーには、骨から自分自身の体本来のカタチに戻していき、「再生する」という意味を込めています。

 

浅川美樹のリボーンセラピー

 

リボーンセラピーとはどんなセラピーなのですか?

リボーンセラピーでは、頭のゆがみを整えることを通じて、その人が持っている自然治癒力を高めていきます。本来、人間が持っている力、つまり健康そのものを最大限に引き出していきます。また、症状に現れている部分も、あわせて緩和させていきます。

 

なぜ頭頭に特化したのですか?

特に女性は、頭痛の薬を飲む人が周りに多くいらっしゃいます。ただ、薬を飲むことは一時的な緩和にしかなりません。また薬を飲み続けると、もっと薬に依存度が高くなり、強い薬を飲む必要が出て来るために、悪循環につながる可能性もあります。女性だと、特にホルモンバランスも崩れることもあるのです。だからこそ、頭に特化し、女性のお役に立ちたいという想いでスタートしました。

 

頭痛に悩む方に特化した ヘッドセラピー

 

この仕事を構築するにあたり、問題とかありましたか?

リラクゼーションや整体も、非常に勉強になることが多いのですが、それによって、
自分の軸がブレてしまい、「自分は一体何をしたいのか?」がよく分からなくなった事があります。

そんな時は、整体やリラクゼーションのいろんな店に行って、自分自身も施術をして頂くことをしていきました。そうすると自ずと「自分のやりたい事はこれだ!」と明確にしていくことをしました。やはり、一人で考えると、悩み込んでしまうことも多いですからね。

 

この仕事に対するこだわりとは?

私は「 空間・距離感・タイミング」を大事にしています。

現代はストレス社会と言われ、自分の思考や感情のクセに惑わされて生活しているうち、大切な感覚を忘れがちになっていると思います。そんな忙しさが、心を乱し、脳の思考回路も複雑にさせてしまいます。まずは、自分自身の体と心を整理整頓させることが大切です。やはり、自分で自分のことを、気づかないと前に進めないことも多々あります。私自身もそうでした。固定概念を捨て、いらないものを手放し、「ありのままの自分と向き合う」状態をお客様と一緒になって作っていくことを念頭において仕事をしています。

自分自身が持つ魅力を最大限に活かしていけるような、空間と時間を演出し、気付きを与えるのが私の役目です。

 

今後の夢はなんですか?

現在は半蔵門で、レンタルサロンをお借りして実施していますが、将来的には自分のサロンを持ちたいと考えております。そこで、少しでも元気な女性が増やすことと、色々な場所で活躍できる女性を多く、増やしていきたいです。

また、開発したリボーンセラピーを多くの整体師さんにお伝えをして、このセラピーを通じて元気な社会を作っていきたいと思っています。

 

【 協力 】
リボーンセラピー開発者 浅川美樹
HP : https://ikeya-yokohama.storeinfo.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/profile.php?id=100013397142090

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA