koba

お客様にマッチする「 くっきりメガネ 」の提供で能力アップを実現する(小林隆宣 氏)

人それぞれ、視力や悩みは違います。そんな悩みを解決するために必要な、メガネの検査をサービスと提供されている小林さん。今回はそんな小林さんの仕事にかける想いを伺って参りました。

 

小林さんの現在のお仕事について教えてください。

単なる度数合わせのメガネではなく、その人にとっての目に対する負担を減らし、見ている情報を正しく脳まで届けることができる、その人の能力を引き出すメガネを作成しています。これを作る際に、特殊専用レンズを用いて、調整しています。

 

それは、どんな人に対してオススメの商品なのですか?

これはオーダーメイドのメガネであるため、非常に多くの方に愛されていますが、大きくわけて3つのパターンがあるかと感じています。

1つ目のタイプとしては、近くが見づらくなってきており、老眼が出始めてきた方向けです。仕事をもっとしたいと意欲のある、40代以降の方にご愛用していただいております。例えば、中堅社員のサラリーマンさんや、部長社長クラスの方、他にも個人事業主の方ですね。やはり見やすくすることで、仕事効率を上げて、ゴルフや趣味などの楽しいことに、時間をもっと使いたいというニーズもあるのだと思います。

 

2つ目としては、職人系のお仕事をされている方や、小物雑貨を作成するなどの細かい作業をする方向けです。このメガネをかけると細部や色つやの変化まで、くっきり見えるため、仕事の効率がアップしますので、非常に好評です。

 

3つ目のタイプとしては、資格や大学の勉強など、目標に向かってがんばっている方向けです。このメガネをかけることで、集中力も高まるため、学力アップにも繋がり、オススメです。

 

くっきりメガネ 小林隆宣

 

そのメガネを使うことで、どんないいことがあるのですか?

やはり自分の目にぴったりのレンズを選ぶために、目の疲れを緩和することができます。また集中力もアップするために、仕事や勉強もはかどります。職人系のお仕事をされている方にとっても、自分の表現したい部分が細かく表現できることも期待できます。

このメガネを使うことで、様々な点で作業効率もあがると思うので、僕としては仕事やプライベート問わず、充実した毎日を送っていただきたいと感じています。

 

そんな想いのあるメガネのお仕事ですが、その仕事を始めるキッカケは何だったのですか?ぜひ教えてください。

私は、18年間眼科で働いていました。そこで感じたことは、お医者さんが言うことが全てになっていて、患者さんのニーズとマッチしていないことが多々ありました。そうなると、検査員が本当にしてあげたいことが、できない状況で終わるシーンが多々ありました。当時、医者から指示されたことしかできなかったので、そのへんのギャップがもどかしかったです。

しかし眼科や多くの眼鏡屋さんでは、メガネを作る際に、お客さんがどこで悩んでいるのか、しっかりと話を聞く時間がありません。私はそこにジレンマを抱えていました。よりその人の本来の見え方に合ったメガネを作っていきたいと考えていたため、時間をしっかりとって、検査をしてあげる状態を作りたいと考えて独立を決意しました。また、自分自身もオーダーされた検査をするだけで機械工場のレールの上にのっているような気分がしていたこともあり、自分を変えることを決意したのです。

 

実際に独立してみて、どうですか?

自由になって、自分がやりたいと思っていることができているという幸せはあります。目の前のお客様と話をして、「スッキリ見やすくなった」とか、「目の負担が減った」という言葉をかけてもらえる時は、喜びを感じることができます。ただ、全てが自分次第なので、プレッシャーもあるし、会社では味わえない、生きていく厳しさも感じています。

 

厳しさですか。それはどういったことですか?

やはり、集客に関しての苦悩はあります。私がやりたいのは、単純なメガネ屋さんではなく、まずは自分自身の目の状態をしっかりと把握してもらう事。次に特殊レンズで負担を減らし、そして最後はその人の能力を引き出すという事です。

それに対して集客は、自分を知ってもらう活動に対して、共感してくれた人がどれだけ来るかということになります。だからこそ、自分がやっていることを、いかに伝えるかは、いつも考えています。

 

なるほど。たしかに大変な作業ですよね。集客を解決するために、日々どんなアクションをされていますか??

起業当初は、何かアクションをしないと知ってもらえないと考えていたので、90日動画を投稿し続けるチャレンジしたりしてみました。動画をアップすることは、何を出していいかわからず、ものすごく悩みました。しかし、自分の頭だけで思っていたことと、発信したことによって、整理された部分もありました。これにより、少しずつ想いがブラッシュアップされていったこともあります。また、Face bookではリアルタイムでコメントをくれる方もいて、人との繋がりが励みになった部分もありました。僕がどういったことをしているのかを、伝える機会にもなった気がしています。小さな活動かもしれませんが、雑誌に出させていただきました。他にも、地場産業フェアなどにも声をかけていただく機会も増えていきました。

 

広島県 福山市 で活動をしている くっきりメガネ 小林隆宣

 

活動をするにつれて、どんどん多くの方々に広がっていっているのですね!!最後に、小林さんの夢について教えてください。

病気をして初めて気付くことがあります。僕が眼科に勤めていた時に、病気をされた年配の方が、こう言っていたことを強烈に覚えています。「 目は他の何よりも大切。だって見えなくなってしまったら、生きていても楽しみがなくなってしまう。 」と。悪くなってから、気付くことは誰でもありますが、当たり前と思っている時こそ、発見できるものはあると感じています。

僕はこのメガネを通じて、普段は実は見えていないのに見えていると思い込んでる人や、両目が使えていない事に気が付いてもいない人が、本当の意味で見え方を整えることで、人間の能力が最大限発揮できると信じています。

 

【 協力 】
aivisionplus 代表 小林隆宣

目と脳が若返る魔法のくっきりメガネ:https://peraichi.com/landing_pages/view/kukkirimegane

Facebook:https://www.facebook.com/takanori.kobayashi.376

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA